雨漏りの修理費用はどれくらいなのか

建物が古く、雨漏りが気になる方や、突然の大雨で雨漏りしてしまった人は、修理を頼む方は少なくないですよね。そこで、きになるのがやはり、修理費用がどれだけかかるのかだと思います。


やはり、大掛かりなので、安くは済まないことも分かっているが、予算を準備しておきたいから知りたい方のために、大体の目安となる修理費用をご説明させていただきます。



応急処置のような修繕なら数万円で済みますが、しっかり修繕しようとなるとやはり何百万とかかってしまう可能性もあります。
もちろん状態や、被害によってまちまちの金額になりますので、一概には言えませんが目安の修理費用としてみていただけるとありがたいです。


実例が多い棟板金やネジの緩みによる雨漏りは、30万から100万です。



スレートや瓦による場合も30万から100万です。

施工不良の場合は20万から300万ほどになります。



コーキング不良の場合は2万から20万です。そして、老朽化による雨漏りの場合は、やはり高くなってしまう可能性がありまして、100万から300万です。


これらは、よくある例から、平均の修理費用を提示しました。
正確にいくらというのは、やはりしっかり修理工事の専門の方に見てもらわないといえませんが、おおよそこれくらい準備しておけば大丈夫だという金額になります。

雨漏りはやはり、早め早めの対処が大切です。

放っておかずに、しっかり修繕して、快適な暮らしができる家づくりをしていきましょう。