雨漏りの修理費用が高い理由

屋根が古くなって塗装がはがれていたり、屋根にひびや亀裂が入っている場合や隙間があいてしまったりすると、雨や風が吹き込み、大雨や台風の時などに雨漏りしてしまうことがあります。



部屋の中に、水滴が落ちてきたり、壁や天井の一部が濡れてしみなったりして気付くことが多いのですが、屋根の修理をしようと思うと、高額な修理費用が掛かることが分かって驚くことがあります。


屋根の修理は、屋根にのぼって行うため、足場を組んで専門の職人が行います。

このため修理費用が高くなるのですが、雨が吹き込んできている部分だけでなく、雨が入り込んで濡れてしまった屋根裏や天井裏などが、吹き込んできた水分で傷んでいることも多く、修理費用が高くなることが多いのです。さらに、屋根裏や天井裏だけではなく、行き場をなくした水が、壁の内側を伝って床下に入り込んでいるときには、さらに修理費用が高くなります。壁の内側や床下を修理するためには、壁や床の一部をはがして確認したり、大規模な修繕が必要になることが多く、かなり高額な費用が掛かってしまうのです。



雨漏りは、天井よりも上の部分から始まることが多いために、気付くまでに時間がかかります。

天井から水が落ちてきたり、水がしみこんできて初めて気づくことが多いので、雨漏りの原因になっている箇所よりもむしろ、雨漏りのために家が傷んでしまうことの方が被害が深刻になるため、修理費用が高くなってしまうことが多いという訳です。